医療法人 聖祥会 かわもと記念クリニック

〒892-0871 鹿児島市吉野町5397-3

Tel.099-243-5500

Fax.099-244-5457

blog
ブログ

【職域接種】イエローリボンコロナワクチンプロジェクトの1回目、無事完了!

ニュース / ブログ  |  2021/07/27

 新型コロナウイルスの感染予防に向け、新型コロナワクチンの接種が全国で進められているところですが、当院では、7月の後半に、1週間かけて1000人に接種するという「職域接種・イエローリボンコロナワクチンプロジェクト」を行いました。障害者施設合同の職域接種で、しょうぶ文化芸術支援センターアムアの森で実施しました。

 障害者の方々は接種会場へ連れていくことが困難で接種ができない状態にあるという現状を障害者施設の理事長、園長が当院の院長に打ち明けられたのが、今回の職域接種を実施するきっかけとなりました。

 吉野エリアの障害者施設の法人3グループが中心となり、当院のスタッフと入念に打ち合わせ、シミュレーションを行い準備を進めてまいりました。接種を受けるのは、障害者の方々、そのご家族、職員のほか、一般の方も含まれます。

本番初日。

 まずは150人。今日一日が無事に終えられるように、駐車場整理、受付、会場案内、看護スタッフ、薬剤師、医師、それぞれがしっかりと役割を果たすことを確認!💪

 1班30人のグループに分けて接種。まずは、30人に医師が予診を行います。

障がいのある方も難なく受けられるように、医師が一人一人の席をまわり、状態を確認します。

 今回参加の障害者施設「ゆうかり学園」の理事長も接種。かなり緊張の面持ちです。「チクっとするくらいですからね、はい、これくらいです!」と、川本院長の声掛けに泣かずに済んだ様子😆

院長が声掛けしながら、一人一人を回りながらの接種は、あっという間に終わります。

 時には、注射を怖がってしまう障害者の方も。。。

その時は、いつも接している職員に身体を優しく支えてもらい、接種します。日頃の信頼関係が築けているためか、接種が終わったら「やったぜ!注射、できたもん!!🤩🤩🤩」と満面の笑顔が見られるのも嬉しいところです。

接種後の経過観察では、特に病院受診をしなくてはならないような体調不良者が出ることもありませんでした。

 忘れてはいけないのが、モデルナワクチンの充填作業💉をされた薬剤師の方々。

写真の4名の皆様が計1000本を作ってくださいました。細心の注意を払いながらの地道な作業、ありがとうございました。1本たりとも無駄にすることなく、1000人に接種できました!

 今回の障害者施設合同の職域接種が、障害者福祉と医療介護の連携をさらに深める良い機会になったと確信しています。障害者施設の皆様、ありがとうございました😌

  |